宝塚記念1 攻めるも守るも道は前にしか無い