和田竜二からテイエムオペラオーへのメッセージ